産業ロボット、ハンドリングロボット、搬送ロボット、光ファイバー伝送製造 アルミ鋳造
株式会社プラス電機 TEL:053-437-7211  FAX:053-437-1137
E-mail:info@plus-ec.jp

TOP会社概要納入実績技術紹介仕様書お問い合わせ採用情報
関節型走行式関節型定置式超大型水平関節型定置式多重伝送端子台NC自動切断機

会社概要
当社は研究開発型の企業で、ユーザーのニーズに対応して自社開発した自動注湯ロボットや光多重伝送端子台をはじめ、遠隔監視制御装置や教育用実習装置の開発から、工場のFA・CIMの設計製作に至るまで、広範囲にわたり携わっております。製品を大別しますと、アルミ鋳造関連の自動注湯ロボット、アルミホイールのセキ折り機、NC自動切断機、ハンドリングロボットや、これらを組み合わせたFA・CIMの設計製作、また実用機と同様の学習用FA設備、光通信技術を応用した光多重伝送端子台、教育実習用の熱帯魚ロボット等を挙げることができます。 さらに当社が最も得意とするのは、FA・CIMシステムの制御設計や、情報ネットワークを応用した遠隔監視制御装置の開発等で、各エンジニアリング会社や製造会社からの依頼で多くの専用自動制御システムを提供しております。
アクセスマップ   沿革

 商号 株式会社プラス電機
 事業創立 昭和44年11月(1969)
 会社設立 昭和46年12月(1971)
 所在地 〒433-8108  静岡県浜松市北区根洗町26番地
 代表者 代表取締役 上滝憲夫
 事業内容 産業ロボット設計製作
 鋳造ロボット
 アルミ鋳造用 注湯ロボット 給湯ロボット
 特殊ロボット
FAシステム設計製作
遠隔監視制御装置開発
 取引銀行 静岡銀行 三方が原支店
浜松信用金庫 三方原支店
 主要取引先 世界中のアルミ鋳造工場

 【取得資格】
特許番号:第3121919号
特許内容:複数の型に溶湯を注入する鋳造用自動給油装置および制御方法
複数の型に溶湯を注入する鋳造用自動給油装置および制御方法


 【アクセスマップ】
〒433-8108 静岡県浜松市北区根洗町26番地
〒433-8108  静岡県浜松市北区根洗町26番地
TEL.053-437-7211(代)FAX.053-437-1137

浜松西ICより車で20分。 浜松駅より遠州鉄道 都田口西バス停 下車 徒歩1分。

 【沿革】
プラスの歴史は、技術と開発の歴史。
明日の時代へ向かって今日も限りない前進を続ける。
1969〜1979(昭和44年〜) 1980〜1988(昭和55年〜)
1989〜1993(平成元年〜) 1993〜1995(平成5年〜)
1996〜1997(平成8年〜) 1998〜2000(平成10年〜)
2001〜    (平成13〜)  

 昭和44年11月 浜松市佐藤町1078番地にてプラス電機製作所創業。
農業用温風暖房機の制御盤設計製作、販売。
 昭和44年12月 資本金300万円にて株式会社プラス電機製作所設立。
各種省力化機械、制御盤を設計製作。
 昭和47年07月 浜松市三方原町3263番地の7へ新社屋建設、移転。
 昭和48年12月 資本金500万円に増資。
 昭和49年09月 工場増設。
 昭和50年07月 日本ME学会正会員となる。
 昭和51年12月 住所表示変更により、浜松市根洗町26番地となる。
 昭和55年10月 産業用ロボットの開発、製造、販売を開始。
 昭和56年02月 スポット溶接ロボットを 開発、約200台を製造販売。
 昭和56年03月 事務所、工場一部増改築。
 昭和56年04月 ロボットエンジニアリング企業認定。
 昭和57年03月 アルミ注湯ロボット開発。
 昭和58年04月 静岡県開発型企業研究会会員。
 昭和58年10月 クリーニングロボット開発。
 昭和58年12月 FAシステム開発、ハンドリングロボット開発。
 昭和59年08月 バフ掛けロボット開発。
 昭和59年11月 多関節型ロボット開発。
 昭和59年12月 Wインジェクター制御開発。
 昭和60年02月 光ケーブルによるロボットシステム開発。
 昭和60年02月 光多重伝送端子台開発。
 昭和60年04月 スカラ式大型注湯ロボット開発。
 昭和60年12月 資本金1000万円に増資。
 昭和61年03月 学習用FAシステム開発。
 昭和61年05月 走行式ロボット開発。
 昭和62年07月 アルミ缶内圧容量自動測定装置開発。三菱マテリアルに納入。
 昭和63年03月 カシメライン計測装置、ロータリーライン検査装置開発。
 昭和63年03月 ファナックロボットを使った自動加工ライン開発。
 昭和63年06月 NC制御自動倉庫開発。
 昭和63年06月 学習用大型FA装置開発、川崎市立川崎工業高校に納入。
 昭和63年06月 ファナックロボット用インターロック盤OEM継続生産。
 平成元年02月 ビデオ投影装置(VICS)開発、NTTインターナショナルに納入。
 平成元年04月 豊田自動織機向けにエンジンテストベンチ制御納入。
 平成元年12月 日産組み立てラインコンベアー電装納入。
 平成02年02月 スズキ向け刻印機制御継続納入。
 平成02年04月 アイシン精機向けシートアジャスターライン納入。
 平成02年05月 遠菱アルミホイール向け自動NC切断機納入。
 平成02年09月 コニカ向けフランジ工程電装工事納入。
 平成02年09月 富士重工向け刻印機電装工事。
 平成03年01月 スズキ精密、スズキ部品向けにファナックロボットを使った
NC工作機搬送装置。
 平成03年03月 マツダ向け組み立てライン電装工事。
 平成03年03月 コニカ向けパーツサプライカー電装。
 平成03年04月 バフ掛けロボット制御装置。富士弦楽器他。
 平成03年08月 エンケイ向け鋳造工場FAライン。
 平成03年10月 台湾光陽工業向けアルミ注湯ロボット輸出。
 平成03年10月 アルミ注湯ロボット100台納入達成。
 平成03年11月 USA日信FLX向けアルミ注湯ロボット輸出。
 平成04年03月 韓国東西機工向けアルミ注湯ロボット輸出。
 平成04年03月 台湾向けディスク精密計測機輸出。
 平成04年07月 台湾源恒工業向けアルミ注湯ロボット輸出。
 平成04年08月 USA日信FLX向けアルミ注湯ロボット輸出。
 平成04年11月 台湾亨通機械向けアルミ注湯ロボット輸出。
 平成05年01月 都田テクノポリスに本社工場移転、社名を株式会社プラス電機に改称。
 平成05年02月 多重伝送端子台開発。
 平成05年05月 工作機自動化ライン電装開発。
 平成05年07月 関西空港向け制御盤開発。
 平成05年11月 炉蓋開閉インターロック開発。
 平成05年12月 コンベアライン電装、スキンプレート溶接ロボット開発。
 平成06年01月 溶解炉制御盤、小物部品整列装置開発。
 平成06年03月 直流ブレーキ装置開発。
 平成06年05月 被膜処理、ED前処理、電着塗装、装置制御盤、ワイヤー巻き上げ装置、水槽・セキ折り機、セキ折り装置開発。
 平成06年06月 タイル目的埋め込み装置電装開発。
 平成06年07月 ラビング装置開発。
 平成06年09月 ガントリーローダー電装、電圧変位測定器開発。
 平成07年01月 製品倉庫コンベアシステム、16点ピアスR曲げ機開発。
 平成07年02月 パットスプリングコード切断機開発。
 平成07年03月 パイプ内塗装装置電装開発。
 平成07年05月 電着系排水受槽制御盤、更新廃液受槽制御盤、ウワノリブース制御盤、自動歪取機制御盤、コンベアライン電装、DSP封入機。
 平成07年06月 サイジングプレス・デパレタイザー電装。
 平成07年08月 PO小物前処理装置、シリンダーブロック最終確認装置、ラビング・貼合わせライン電装。
 平成07年09月 ベアリング圧入機電装。
 平成07年11月 多重電装装置、火炎探知器コントロール盤製作。
 平成07年12月 メカトロモジュール教育設備。
 平成08年03月 セラミック製品搬運装置、連続炉用搬送コンベア電装、接点高周波、自動溶接装置開発。
 平成08年04月 型温ショット数管理機能、検体搬送ラインバッファー電装開発。
 平成08年05月 従型8文字屋外用表示装置、各種部品コンベア搬送装置電装、倉庫入庫コンベア搬送装置電装開発。
 平成08年06月 カオス制御熱帯魚ロボット、大型封体加工機電装開発。
 平成08年07月 脱脂洗浄装置制御盤製作、焼結プレス品・パレタイジッグ装置電装開発
 平成08年09月 バッテリー外観検査装置電装開発。
 平成08年10月 油穴面取加工機電装、差し出し票リーダープリンター・ソフト開発。
組立生産サポートシステム・北米移設改造、ラビング装置電装、LSI測定業務、軟性物・軟度測定装置、入出庫ライン・コンベア制御開発。
 平成08年11月 中子シェル・バリ取装置開発。
 平成08年12月 ピクチャーカム読み取りシステム、ソフトウエアーカム創成システム、オフライン加熱・冷却制御、駆動部総合制御コントローラー、駆動部総合制御ソフトウエアー、射出成型機用ヒーターコントロール、盤電装、DVDデコーダーLSI開発。
 平成09年01月 油穴貫通確認装置電装、光通信双方向実験装置開発。
 平成09年03月 光多重伝送端子台、故障通報電話通信ソフト開発。
 平成09年05月 シャーシ刻印機電装。
 平成09年06月 仕上げ中ぐり加工機電装、微弱電波型、無線送受信ユニット試作。
 平成09年07月 搬送部 液抜き注液撹伴装置電装。
 平成09年08月 リヤサス ボルト締付け装置。
 平成09年09月 路面消雪装置、スクリーン印刷機電装、自動車組立用ボルト締付、装置電装(ナットランナー)開発。
 平成09年10月 搬送ロボットテイーチング。
 平成09年11月 消流雪故障木ソフトウエア開発、部品重量バランス測定、加工装置電装
 平成09年12月 穴開け加工専用機電装。
 平成10年01月 マンホール管理ソフトウエア開発。
 平成10年02月 ホットプレス装置電装開発。
 平成10年03月 油抜き浄油装置電装、ファナックロボットシステム改造。
 平成10年04月 平面味研削盤制御装置製作。
 平成10年05月 光通信実験モジュール・光ケーブル実習装置、アルミホイールバフ研磨機電装開発。
 平成10年06月 1ラベル貼機電装、クランプ作業台電装、自動パンチ切断機電装、パンチ研磨機電装開発。
 平成10年07月 自動機材料供給装置、電着後水洗制御装置開発。
 平成10年10月 塗装バンパー冷却装置電装、ブレーキデイスク測定検査装置、小形特殊スピンドルユニット電装開発。
 平成10年12月 樹脂塗装装置電装。
 平成11年01月 ピストン超音波洗浄機電装開発。
 平成11年02月 道路案内表示板電装開発。
 平成11年03月 揚水機場ソフトウエア開発、搬送ラインコンベア制御、プラズマコーディング装置制御盤製作。
 平成11年04月 秤量充填機電装(柑橘類)開発。
 平成11年05月 バイプレーター付きコンベア設計(柑橘類)、小玉抜き装置設計(柑橘類)
 平成11年07月 チップムーバー電装。
 平成11年08月 鋳造ライン・製造管理システム。
 平成11年09月 エンジンブロック・シリンダー内メッキ装置。
 平成12年01月 排水機場・遠隔監視/操作ソフト開発。
 平成12年02月 ガラス基板反転装置・制御 他。
 平成12年07月 ガラス板重ね合わせ装置・制御 他。二輪用風防・プレス成形ライン制御システム。
 平成12年08月 クランクシャフト自動バランス修正機・制御。
 平成12年09月 排水機場。制御システム。アルミホイール鋳造設備・画像処理機種判別・自動搬送装置・押湯切断機。
 平成12年10月 逆ラジオ・時刻同定装置。
 平成12年12月 カムシャフト・デパレタイズ装置、デイスクブレーキ部品・振れ検査測定装置。
 平成13年01月 ウオシャータンク自動加工機製御装置製作。
 平成13年01月 高速応答電磁弁ドライバー設計・製作。
 平成13年02月 ミートガイド圧入機製御装置製作。
 平成13年03月 幼児向握力測定装置開発。
 平成13年04月 マンホール排水機場ソフト開発。
 平成13年05月 超鋼刃具研削製御装置製作。
 平成13年05月 ピストン洗浄機製御装置製作。
 平成13年05月 液晶製造設備電装。
 平成13年06月 地震予知装置製作。
 平成13年06月 溶接ロボットシステム電装。
 平成13年07月 圧入パレタイズ装置製作。
 平成13年07月 ACサーボローター自動組立ライン設計・製作。
 平成13年07月 PR4C-B。
 平成13年07月 排水機場ソフト開発。
 平成13年08月 水平スカラ型大型注湯ロボット製作PR4C-S。
 平成13年09月 深夜温水器水漏れ警報装置開発。
 平成13年10月 中国向け走行式注湯ロボット製作PR4C-R。
 平成13年10月 走行式注湯ロボット製作PR4C-R。
 平成13年10月 液晶製造装置重ね合せ機電装。
 平成13年11月 溶接ロボットシステム電装。
 平成13年12月 温水シャワーユニット製作。
 平成13年12月 溶接ロボットシステム電装。
 平成14年01月 注湯ロボットPR4CL-B製作。
 平成14年01月 中国向け注湯ロボットPR4CL-B製作。
 平成14年01月 注湯ロボットPR4CLL-B製作。
 平成14年02月 溶接ロボットシステム電装。
 平成14年03月 溶接ロボットシステム電装。
 平成14年03月 注湯ロボットPR4CL-B。
 平成14年04月 溶接ロボットシステム電装。
 平成14年05月 タイ向け注湯ロボットPR4CL-B。
 平成14年05月 溶接ロボットシステム電装。
 平成14年05月 研磨機ローダー製御装置。
 平成14年06月 簡易型給注ロボット。
 平成14年07月 ポカヨケ装置電装。
 平成14年07月 トルコンケースハンドリングロボットシステム設計・製作。
 平成14年07月 ミリンダーヘッド圧漏れ機電装。
 平成14年07月 溶接ロボットシステム電装。
 平成14年08月 刻印機製御装置。
 平成14年08月 溶接ロボットシステム電装。
 平成14年09月 排水機場ソフト開発。
 平成14年09月 溶接ロボットシステム電装。
 平成14年10月 未加工防止装置製作。
 平成14年10月 エンジンNO刻印機電装。
 平成14年11月 排水機場後方支援ソフト開発。
 平成14年11月 溶接ロボットシステム電装。
 平成14年11月 リング自動供給装置電装。
 平成14年12月 走行式注湯ロボットPR5C-R。
ページトップへ戻る
 
TOP/会社概要/納入実績/技術紹介/仕様書/お問い合わせ/採用情報/
関節型走行式/関節型定置式/超大型水平関節型定置式/多重伝送端子台/他・専用機
NCネットワーク
NCネットワークに登録しています
ロボット FAシステム設計・製作・販売
株式会社プラス電機
本社/〒433-8108 静岡県浜松市北区根洗町26
TEL:053-437-7211 FAX:053-437-1137