産業ロボット、ハンドリングロボット、搬送ロボット、光ファイバー伝送製造 アルミ鋳造
株式会社プラス電機 TEL:053-437-7211  FAX:053-437-1137
E-mail:info@plus-ec.jp

TOP会社概要納入実績技術紹介仕様書お問い合わせ採用情報
関節型走行式関節型定置式超大型水平関節型定置式多重伝送端子台NC自動切断機

製品 他・専用機
アルミホイール NC自動切断機
プラスロボット アルミホイールの鋳造時、サークルの回りに発生する押湯跡と突起を同時に切断する機械です。

■制御仕様詳細

制御方式・・・・・・・マイクロプロセッサによるサーボコントロール
制御軸数・・・・・・・1〜6軸
表示方式・・・・・・・MDI(手動テデータ入力)とDDI(現在値直接入力)
記憶方式・・・・・・・ICメモリー(バッテリーバックアップ)〔フル充電後停電時、100日間保持可能〕
位置制御・・・・・・・PTPと擬似CP 直接補間
入出力機能・・・・・・入力32点、出力32点
通信機能・・・・・・・RS232C 1チャンネル PCとデータ転送等
保護機能・・・・・・・ソフトリミットとハードリミットの2重暴走防止
電源・・・・・・・・・φ3 200/220V 50/60Hz 
プラス非接触式・高精度振れ自動計測装置
プラス非接触式・高精度振れ自動計測装置 ■スイッチ1つで自動計測。ブレーキディスク等の円盤形状部品の板厚、振れ、反り、板バラつきを1/1000で測定します。測定箇所は任意で設定可能です。

■ワーク回転ジグ部は、3μm(3/1000o)の振れ精度を維持。測定機そのものの測定誤差はほとんどありません。

■簡単なジグ製作で複数種のワーク測定に対応可能。段取り換えも3分以内とスムーズです。

■非接触式の高精度変位センサを使用している為、精度、耐環境性能に優れています。

■弊社設計の専用ソフトと市販PCの組み合わせで簡単操作。多数のワーク種を数百枚測定したデータでも簡単抽出、プリンタの併用でプリントアウトも可能です。

■お客様のご要望に合わせて細かな設定に対応致します。対象ワーク種や測定範囲、必要分解能までご相談下さい。

■接触式センサを使用した廉価タイプもございます。
 
測定結果例
円盤形状ワークの振れ・反り・板バラ付きを、200の測定ポイントに分割し計測した時のPC画面表示例
測定結果例
※画像をクリックすると拡大画像を確認することができます。
2輪フレーム 穴位置・形状自動計測機 (メーカ共同開発)
2輪フレーム 穴位置・形状自動計測機 ■2輪フレームに加工された穴部の位置・穴形状を自動計測。マスターワークとの比較により製品の合否判定を行います。

■ワーク反転機構と3台の直交ロボットを使用しているので、一度のワーク設置でさまざまな箇所の測定が可能です。

■詳細につきましては、メーカとの共同開発品である為掲載不可ですが、弊社で機械設計・電機制御設計・ソフト設計まで一環して行うことにより、様々な御要望に合わせより高品位で値段を抑えた製品作りが可能です。構想等ありましたらお気軽にご相談下さい。
LEDサ−クルディスプレイ
LEDサ−クルディスプレイLEDサ−クルディスプレイLEDサ−クルディスプレイ

【LEDサ−クルディスプレイの特徴】
・パソコンと接続することで、リアルタイムに表示する事が出来る。
・インタ−ネット接続をすると、ホットニュ−ス、天気予報、時刻等の表示か出来る。
・特許申請中で、新規性のある光双方向スリップリングを用いて、回転部に対してデ−タの双方向通信を行い、ノイズに強く、
  信頼性の高いデ−タが転送出来る。
・360度何処からでも見える。

【仕様】
・表示面360度、重量20kg、LED32ドツト
・消費電力50W、電源AC100V50/60Hz
・文字サイズ255x255mm
・文字サイズH458x300mm φベース 400φ


関節型走行式 関節型定置式 超大型水平関節型定置式 多重伝送端子台 他・専用機

ページトップへ戻る
 
TOP/会社概要/納入実績/技術紹介/仕様書/お問い合わせ/採用情報/
関節型走行式/関節型定置式/超大型水平関節型定置式/多重伝送端子台/他・専用機
NCネットワーク
NCネットワークに登録しています
ロボット FAシステム設計・製作・販売
株式会社プラス電機
本社/〒433-8108 静岡県浜松市北区根洗町26
TEL:053-437-7211 FAX:053-437-1137